L.E.D内蔵 光るゲージが、あなたに知らせる 高機能残圧計 光感知システム(B.P.S)搭載(PTENTED)

BRIGHTNESS PERCEPTION SYSTEM

「エアーを入れて、光に当てるだけ。」この動作で機能は作動します。
タンク内の残圧が5MPaを下回ると内蔵L.E.Dが赤く点滅します。
全てが光センサーにより制御されているため、周辺機器に影響はありません。
透明度が落ちる状況下(ナイトダイビング等)でも、鮮やかなL.E.Dで自身はもとよりバディにも残圧低下のシグナルを発信します。
さらに、見やすい文字盤・高性能畜光ルミノーバ―で、高い視認性を実現しています。

もう一つの針が制御する光感知システムB.P.S

1.タンクバルブを開放し、残圧計にエアを入った事を確認。
2.バイオゲージのフェイス(光感知口)に太陽光・昼光またはライト光を当てます。
3.グリーンのL.E.Dが点滅します。これが始動の合図です。
4.ダイビング開始
5.タンク残圧が5MPaを切ると、オレンジのL.E.Dが点滅し、ダイバーに残圧の減少を警告します。
6.タンク圧が0MPaになると電源は自動的に切れます。

ページの先頭へ戻る