バイオフィン レィンジャーRS

bio-fin ranger-RS

国内製造品

バイオフィン レィンジャーRS

ラバーストラップ仕様のbio-fin ranger
より強固なバックル取付け方式を採用し、過酷なフィールドでの使用に対応。

作業用ブーツなどのまま装着するための、十分に大きなブーツポケットに、ラバーストラップを装備。
調整幅が広いため、より幅広い装着者のサイズに対応可能。

価格
本体価格 オープン

金属製軸による強固なバックル固定

従来のバイオフィンシリーズでは、ラバーの一体成型によるボスにバックルを固定しています。これでも特殊部隊をはじめ各フィールドでの使用に十分な強度でしたが、バイオフィンレィンジャーRSではメスバックルの固定に金属製の軸を採用。バックル本体に貫通させて固定することで、さらに強固な固定を可能としました。

フィンを装着したまま歩行するなど、従来のスイム用フィンでは想定し得ない使用方法に配慮した、レスキュー用途などに特に推奨できるフィンです。

ラバーストラップをあえて装着

現場の状況や使用方法によっては、一つのフィンを何人かで使う可能性もあります。このような場合、足のサイズやブーツの外回りのサイズに大幅な差異があることも想定できます。

こんな時は、より調整幅の広いラバーストラップが適しています。ブーツポケットに足が入りさえすれば、大抵のサイズはストラップの締め具合で使用可能。緊急時の装着に、フィンを選ばなくても良いという大きなメリットが発生します。

ラバーストラップはオスバックル部から着脱可能なため、スペアとして保有しておくことで、劣化等による破断時も簡単に交換可能です。

機動性重視の現場用フィン

安全ブーツなど、作業用のブーツのまま即座にフィンを装着し入水する。
あるいは、フィンを装着したが、水底に足が付き、重量物などを背負ったり保持したりするなどで歩行する必要があるなど、実際のフィールドでは、通常のダイビングとは全く異なる状況が待ち構えています。そのような様々な状況に対応すべく、歩ける事も重視しています。

そのため、フィンとしては異例の滑りにくい3Dソールパターンを配置し、泥濘地などの歩行も想定しました。ブレード長も歩行可能なぎりぎりのサイズを設定しています。

バイオフィンの優れた特徴を継承

世界中のプロフェッショナルダイバーに長年愛用され続けているバイオフィン。
その血統を引き継ぎデザインされています。

・天然ゴム主材による高反発弾性かつしなやかさの実現。
・小さなブレードのフィンとしては推進力やコントロール性が得られるように最適化されたバイオフィンテクノロジーによる形状。

これらの利点を継承しています。

基本スペック

主材料

天然ゴム

ストラップ

ラバーストラップ

サイズ

M-L

全長

423mm

横幅

252mm

重量

1200g

該当ブーツサイズ

25~29cm
ただし、ブーツの横幅が広い場合はL-XLを使用してください。

L-XL

全長

423mm

横幅

252mm

重量

1200g

該当ブーツサイズ

27cm~

ページの先頭へ戻る