バイオメタルマスク pro

bio-metal mask pro

国内製造品

バイオメタルマスク pro

タフなテクニカルフレームに精悍なフォルム
オプションパーツにより、完全装備への発展も可能なハイエンドマスク
バイオARレンズ標準装備

ハードな使用にも耐えうる強靭な削り出しステンレス合金フレームに、職人の手によるパフ鏡面研磨仕上げを施した重厚な外観。優れた両眼立体視野と外乱光防止により視野へのストレスを感じさせません。圧迫感の少ない快適なフィッティングにもこだわった、長時間使用を前提としたプロフェッショナルのためのマスクです。

価格
本体価格 ¥36,000(ダーククロム)
本体価格 ¥34,000(クロム)
本体価格 ¥40,000(プレミアムゴールド)
本体価格 ¥40,000(フレネルレンズ付ダーククロム)
本体価格 ¥38,000(フレネルレンズ付クロム)
本体価格 ¥44,000(フレネルレンズ付きプレミアムゴールド)

削り出しフレーム+職人による手仕上げ

ステンレスの板材から削り出すという、贅沢な手法によるメタルフレームに、金属研磨職人の手による丹念な手仕上げを施し、深みのある素材自体の真の光沢を実現しています。さらに、ダーククロム及びプレミアムゴールドには特殊蒸着加工を施し、高硬度・高耐久で高品位な国内最高レベルの外観処理仕上げを施しています。


プレミアムゴールド

バフ研磨+プラズマCVDコーティング


ダーククロム

バフ研磨+プラズマCVDコーティング


クロム

バフ研磨

ステンレスフレームならではの抜群の水中バランス

軽量なマスクは、陸上でのフィッティングでは軽くて快適であっても、どうしてもマスク内容積による浮力が付き、プロダイバーの日常的あるいは長時間の使用では特にその浮力による不安定さが気になるものです。バイオメタルマスクproでは、ステンレス製フレームの採用による適度な重量が、内容積の浮力を効果的に打消し、その結果水中での装着感が陸上とは全く異なる無重量感覚となって感じられます。

ダイビングのプロにこそ使っていただきたい考え抜かれたマスクです。

メタルフレームだけが可能にする機能性とデザイン性

快適なフィッテング

ツインカーブリップ設計と薄型ダブルリップフランジにより快適なフィッティングを実現。水中でストレスを感じさせず、長時間のダイブの後でも顔に赤い跡が残りにくい構造です。

クリアな視界と美しい外観

ブラックフランジには内面艶消し加工を施しました。美しい外観と外乱光防止効果の両立を実現。また、センターピラーは二眼マスクとしては最小の7mm幅。眉間のさえぎりが気にならない一眼に近い使用感です。

テクニカルフレームシステム

特殊ステンレス合金を採用したテクニカルフレーム構造なので、さまざまなオプションやパーツを付加することができます。完全装備をすれば、ハイエンドモデルの完成形ともいえる機能性とデザイン性を持ったマスクとなります。

バイオARレンズ

レンズに特殊多層膜コーティングを施し、表面反射を極力抑えたバイオARレンズ。クリアでハイコントラストな視界を提供します。

バイオARレンズ詳細

シリコン付着防止シート

シリコンゴムから揮発して、マスクレンズの内面に付着してしまう頑固なシリコン成分。なかなか取り除きにくい物です。これを回避すべく、製造時にシリコン付着防止シートを貼っています。
このシートは弱粘着性のため、簡単にはがれるばかりか再利用が何回も可能。使用後、洗浄して乾燥したマスクに再度貼っておけば、長期保管後の再利用時も曇りの発生を最小限に抑える事が可能です。
このシートのみの単品販売もありますので、汚れたり紛失しても大丈夫です。

強度近視・遠視・バイフォーカルなど豊富なオーダーレンズ対応

・ハイインデックスガラスを使用した強度近視用
・乱視用
・遠視用
・老眼用の部分貼り付けレンズ
・遠近両用バイフォーカルレンズ
など、様々なレンズをオーダーにて製作できます。
カメラの液晶が見えずらい、ゲージやダイブコンピューターが見えずらい、既成レンズでは乱視が強くてはっきり見えないなど、個々の悩みを解決します。
快適なダイビングライフにぜひご活用ください。

オーダーレンズ詳細

レーザー刻印対応

メタルマスク各種にはフレームにオプションサービスとしてレーザー刻印を入れることができます。レーザー刻印なので印刷のように消えることはありません。個性を生かしてオリジナルなマスクを製作できます。
※文字数及び書体は限定されます。詳しくは弊社または弊社特約店までお問い合わせください。

1マーク      本体価格:¥1,000
文字 6文字まで  本体価格:¥1,800
1マーク+4文字   本体価格:¥2,200

バイオメタルマスクproから生まれた、バイオフルフェイスマスクpro

バイオメタルマスクProの優れた特性を生かしたフルフェイスマスクです。
業務潜水はもちろん、寒い季節のレジャーダイビングや写真撮影にぜひお試し下さい。快適な潜水を体感していただけます。

バイオメタルマスクゆずりの小内容積・広視界を引き継ぎながら、水中バランスにも気を使った重量配分と、ライトなどのアタッチメントが装着できる拡張性も備えています。

国内外の多くのダイバーの意見を取り入れ、安全にも細部まで気を配って設計しています。

バイオフルフェイスマスクpro 詳細

フレーム

材質

特殊ステンレス合金フレーム

表面処理

パフ研磨鏡面仕上げ
※プレミアムゴールドおよびダーククロムのみ +特殊コーティング

付属レンズ

バイオARレンズ

バリエーション

ダーククロム

本体価格 ¥36,000

クロム

本体価格 ¥34,000

プレミアムゴールド

本体価格 ¥40,000

パーツ詳細一覧ページへ

技術情報

マスクレンズが曇る原因と対策

マスクのレンズがダイビング中に曇ってしまい困ったという事は頻繁に発生する現象のひとつです。
まず、曇るという現象について説明いたします。これはガラス表面に無数の小さな水滴が付着してしまう現象です。一般に、湿度が高い環境で冷たい物を置くと、そこには水滴が付きます。(空気中の水分が凝固します。)微小な水滴がひとつひとつしっかりとした玉状を保っていればそれらが視界を遮るような曇りとなってしまいます。

ここで撥水と親水という現象に注目しましょう。
撥水というのは、水滴が玉状になっていることを表し、親水というのは水滴が玉にならず表面になじんでしまう事を表します。曇りは撥水作用がガラス面上にあることで発生してしまいます。逆に親水作用がある場合は曇りません。
曇り止めと称する液体や処理はこの親水性をガラス表面に持たせることを目的としています。

では撥水作用はなぜ起きるのでしょう。これにはいくつかの原因がありますが、ダイビング用のマスクで一番多いのがフランジのシリコンゴムから出るシリコン成分の付着です。シリコンは強い撥水作用があり、しかも洗剤ではなかなか取れないという頑固な成分です。また、ガラスの成分と基本的に同じなので、大変付着しやすく取れにくい物です。

ダイビングマスクのシリコンゴムは生き物とまで言われ、その物性が劣化しにくい反面いつまでもシリコン成分を揮発し続ける特性があります。密閉したケースで長期間保管された場合など、頑固なシリコン被膜が「コーティング」されてしまい、洗剤で洗ったくらいでは落ちません。また、この被膜の上に曇り止め剤などを縫っても曇り止め剤自体がガラス面上へ均一に伸びず効果が出にくくなります。

このシリコン被膜を落とすためにはガラス表面を研磨するしかないのですが、この研磨剤は一般に酸化セリウムなどを使用します。自動車ガラス用の油膜取り剤や浴室のガラスクリーナーなどでこの成分が入っている物は効果的にシリコン被膜を落とすことが可能です。(製品によってはフレームの樹脂などを侵す場合が考えられますのでご注意ください。)

一度しっかりと落としたシリコン被膜ですが、残念ながらマスクを保管しているうちにまた徐々に形成されてしまいます。
そんな時は日本潜水機の「シリコン付着防止シート」をお使いください。当たり前ですが究極のシリコン被膜付着防止策です。

ページの先頭へ戻る