バイオシリーズとは

バイオシリーズとは、自然界から知恵をもらい、自然と一体化したダイビングギアをコンセプトに、1998年バイオフィンの発売以来開発を続けているシリーズです。

たとえばバイオフィンの開発時、その形状は紆余曲折し大変多くの試作品が作り出されました、しかし、最後に残ったものは、ミナミゾウアザラシの尾びれと大変よく似た形状となりました。

マスクのデザインも、バイオメタルマスクをはじめ、すべてのマスクにおいてレンズ面を顔面に極力近くするための工夫をたくさん盛り込み、きわめて少ない内容積でフィト感の高いマスクを実現しています。内容積の小ささは、マスククリアがしやすいだけでなく、水中バランスや視界の確保など、多くの利点をもたらしています。

さらにスーツでは、プロフェッショナルの使用に耐える耐久性や安全性、さらに動きやすさを備えたまさにバイオスーツを提案し続けています。その中には透湿性のある生地を採用した特殊用途用の防水スーツ、耐久性のあるコーティング生地を使用しつつ、動きを重視したドライスーツ、汚染水域で使用する頭部一体型のスーツ等が世界各地で活躍しています。

自然界からヒントを得る、自然界に学ぶ。このことを繰り返し、自然を守りながら自然に溶け込むための道具を作る。日本潜水機の基本姿勢がここにあります。

ページの先頭へ戻る