(重要)オーバーホール時の使用部品および組み立て調整について

レギュレーターのオーバーホールにおける使用部品が弊社製の部品以外が使われている事例や間違った組み立て調整による不具合事例が稀にございます。このような場合、耐久性や基本性能に支障を来たし、最悪の場合潜水中のフリーフローなど予期せぬ事象を引き起こす場合があります。

各部品はその接触部や組み合わせられる部品の形状および材質に最適化して設計し、長時間の評価試験を経て選定されています。類似形状であるなどで他社製部品の流用は先述の危険を伴います。

また、レギュレーターの各部品には締め付けトルクや調整寸法・調整位置など、設計上重要な要素が多くあります。これらを順守せずに分解組み立てを行った場合、正常な特性が得られず深度下での呼吸抵抗の増大やネジ部等の緩みあるいは過剰トルクによる破損など、予期せぬ事象が発生する場合があります。

以上の事象を防止するために、オーバーホールは必ず日本潜水機あるいは日本潜水機が認定した店舗等にて行う事を順守願います。

他社製部品や組み立て調整の不備が起因しての事故や故障等について、弊社ではその責を負えませんので予めご了承ください。

一覧にもどる

ページの先頭へ戻る