潜水・陸上活動両用スーツ

プロ用シリーズであるバイオスーツシリーズの原点となる水陸両用の長時間着用を想定したスーツ。
透湿性生地の潜水服への採用など、新たな試みを試行錯誤の上、各国のレスキューや部隊に採用されています。

耐久性・防水耐圧性・屈曲耐久性・引き裂き特性など様々な厳しい試験を重ね実現したまさにbiosuits、極限で活躍する隊員の命を守ります。

お客様からのご相談・開発テーマ

長時間の着用、しかも陸上・水中問わずで着用者が熱中症などにならず、スーツ内が蒸れない事。
実用上十分な耐久強度があること。
動きを阻害するような突っ張り感やごわつきが無い事。
難燃性であること。
等々

日本潜水機からのご提案

バイオスーツ技術(※1)を採用した透湿性生地による防水スーツ。

※1 動きやすさ、着用のしやすさなど体の一部となることを目指したバイオシリーズのコンセプトを潜水用スーツで実現した技術群。独自のカッティング、自社開発の吸排気バルブ、独自の足型によるブーツ部、さらには呼吸する生地による蒸れない防水スーツなど。

プロフェッショナル用スーツには特に積極的に採用し、バイオスーツシリーズとしてバイオプロの名称で販売しています。(bio-Pro : biosuits for Professional)

苦労した点

生地自体の耐久性および縫合部の耐久性と防水性など。

ページの先頭へ戻る