水中スクーターをベースに開発した浚渫機

水中スクーター av-2 を動力源としたダイバーが持ち運んで作業できる小型浚渫機です

台船やポンプを必要とせず、単体を海底に持ち込んで作業できます。

バッテリーは最新のリチウムイオン電池なので、最大出力でも2時間30分ほどの作業が可能。出力を絞ればその倍以上の連続運転が可能となります(バッテリーが劣化した場合は運転時間は短くなります)。
プロペラのピッチが3段階、モーター出力が8段階と幅広いパワーレンジで作業できます。また、万が一プロペラブレードが破損しても、ユーザー交換可能です。

取り入れ口に用途に応じてメッシュ等を配置するなど、各種カスタマイズのご用命にもお応えいたします。
堆積物の除去作業など、さまざまなシーンで活躍します。

  • 浚渫機全体

    浚渫機全体

  • プロペラ部

    プロペラ部

お客様からのご相談・開発テーマ

ダイバーが単独で使用でき、取り回しが良くポイントへ簡単に運んで運用できる小型の浚渫機が製作できないかという要求がありました。

海底に沈んだ文化財の発掘作業に使用するという事で、強力なパワーは不要ですが、細かいところを浚渫できる事が必要です。

日本潜水機からのご提案

水中スクーターav-2Eをベースに、プロペラの取付け方向を90度変更し、スクーターに対し横向きとすることで、吸い込んだ堆積物を効果的に排出できるようにしました。

ページの先頭へ戻る