純酸素機器組み立てに対応するクリーン環境の組み立てブース

純酸素機器組み立て対応

純酸素機器組み立て対応クリーン環境

純酸素を扱う機器には、そのガイドラインとして一般の製品とは異なるレベルのクリーン環境が求められます。日本潜水機株式会社では、以下の基準およびガイドラインに準拠したクリーン環境を整え、高圧ブースターコンプレッサーなど、純酸素を使用することができる機器の組み立てを行っています。

・STANAG1449 (NATO NSA STANDARDIZATION AGREEMENT)
 DIVING SYSTEMS - OXYGEN CLEANING PROCEDURES AND STANDARDS

・IMCA D 031 (International Marine Contractors Association)
 Cleaning for oxygen service: Setting up facilities and procedures

機械加工室からの切り屑をはじめとして処々のダスト類を排除するために、機械加工室とは別の階のフロアーに、新たに専用の部屋を設置しています。入室の際も、防塵服着用や上履きの履き替えなど、作業者が持ち込む塵に対しても配慮しています。

組み立ては、きわめて整然とした環境で行われ、専用洗浄ブースで洗浄された部品はこのクリーン環境室内で保管されます。

ISO 14644-1 クラス8(クラス100,000)相当のクリーン度を確保しています。

専用洗浄ブース

洗浄は、他の機器とは別の専用ブースで行われます。ここでは超音波洗浄の他に、スチームを使った洗浄で部品の内部はもちろん、外部の油脂類もきれいに洗浄されます。

主な純酸素対応機器

日本潜水機株式会社では、純酸素対応機器として現在以下の製品を製造しております。

・高圧ブースターコンプレッサー
・高圧ガス用フィルターユニット
・各種バルブ用アダプター
・タンクおよびコンプレッサー接続用ホース

また、1stステージなどの既成部品や製品の純酸素対応化組み立て・洗浄も承ります。詳しくは弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る